海外演奏活動
海外での演奏活動
琴伝流大正琴の演奏会はこれまで海外の有名ホールなどでも度々催されています。
今後も琴伝流の大正琴アンサンブルが世界中で奏で続けられます。
カーネギーホール公演
ウィーン楽友協会ホール

世界の音楽家が憧れる「カーネギーホール」(アメリカ・ニューヨーク)
世界の音楽家が憧れる「カーネギーホール」
(アメリカ・ニューヨーク)
「ウィーン楽友協会ホール」(別名「黄金のホール」)(オーストリア・ウィーン)
「ウィーン楽友協会ホール」
(別名「黄金のホール」)
(オーストリア・ウィーン)

オペラハウス公演
スメタナホール公演

青い海に浮き立つ「オペラハウス」(オーストラリア・シドニー)
青い海に浮き立つ「オペラハウス」
(オーストラリア・シドニー)
「プラハの春」会場の「スメタナホール」(チェコ・プラハ)
「プラハの春」会場の「スメタナホール」
(チェコ・プラハ)

上海国際博覧会
日本館ステージに初めて大正琴が響く
日本館ステージに初めて大正琴が響く
平成22年(2010年)5月1日から10月31日まで、中国の上海で開催された上海国際博覧会では、各界の代表が集まり日本の文化を紹介したジャパンウィーク(6月12日から一週間)に、日本館イベントホールで大正琴として唯一琴伝流が演奏しました。
海外での交流活動
日本の大正琴の音楽文化を紹介し、大正琴をより身近に感じてもらうため、海外の学校や小さなホールを使っての演奏活動も行なっています。
韓国での民族楽器との共演
韓国での民族楽器との共演
インドの学校での交流
インドの学校での交流